スーツケースから思い出される記憶

スーツケースは旅行に欠かせない必須アイテムの一つだと思っています。
スーツケースレンタルおすすめの利用者でもあります。
初めて買った頃のや修学旅行の時使った思い出がたくさん残っています。
私が初めてスーツケースを手にしたのは小学生低学年の頃でした。

①初めてのスーツケース
私が物心つき始めた小学生低学年のころ初めて親と旅行に出かけることになった。
それはそれは大変喜び、庭駆け回るほどでした。そんな中父親が真っ黒で大きなスーツケースに洋服や下着を詰めているのを見つけ、すぐに駆け寄り「これ、ちょうだい!」とせがったそうです。
さすがに大人のスーツケースは大きすぎるため、私は母親とともに百貨店へ行きました。
そこで初めて手にしたのが””ピカチュー””の大きな絵の入ったスーツケースでした。私はそれを大変気に入り中学卒業まで使用していました。
中学卒業時までそのスーツケースを使用していました。親と旅行に出かけるときはもちろん小学校の修学旅行にも連れて行きました。中学の修学旅行は少し遠くだったため母親の白いスーツケースを借りて行った記憶があります。

②思春期のスーツケース
私が中学を卒業し、友人と卒業旅行へ行った時の事でした。修学旅行の時は母親のスーツケースを借りていて気付かなかったのですが、その旅行で私以外キャラクターの入ったスーツケースを持ってきている人はいませんでした。みんな、黒や紺の落ち着いた色のスーツケースや、アメリカの国旗が模されたオシャレなスーツケースでした。私は次第に頬を赤らめ小恥ずかしくなったのはいい思い出です。
その旅行から帰ってきて母親に相談したところ、「それで行くんだ(笑)」と思っていたそうです。行く前に言ってくれ!とも思いましたが時すでに遅し。就学前におばあちゃんのところへ挨拶周りに行くのでその時に新しいものを買ってくれるということで、久しぶりの百貨店へ行きました。
そして2代目となるスーツケースはたくさん柄の入った自己主張強めのスーツケースでした。
高校生の修学旅行時にはキャラクタースーツケースはいなく、一色やツートーンが多く、私と同じような柄ガッツリ入ったスーツケースも数名いたように思います。

たくさんの旅行に使用したにも関わらず、両スーツケースともまだまだ現役で使えそうなほどでしたが、社会人になり、さらに大きなスーツケースや転がさないタイプのスタイリッシュなスーツケースなどたくさんのスーツケースを使用しています。
私の中でスーツケースは思い出を思い出すためのキーワードになっているかもしれません。
みなさんも自分自身の人生に関わってくれたスーツケースを思い出してみてはいかがでしょうか。

美容化粧品福袋のみ購入しています

私はこれまで様々な福袋を購入してきましたが。
しかし、現在は毎年1つのジャンルの福袋しか購入していません。
そのジャンルは「化粧品」です。福袋 美容化粧品のみを購入しているんです。

なぜ「化粧品」だけは買うのか、そしてなぜ他の福袋はもう購入していないのかを今回はまとめたいと思います。

例えば、洋服の福袋はいくつかのパターンで中身が公開されている場合がほとんどです。
可愛いデザインのものはやはり人気で、お得感があってもデザインがイマイチだったり、トレンド的に今しか着られないものだと購入するのはためらってしまいます。
さらに可愛いデザインでお得だとしても、人気が故にその後のお出かけで、人とコーディネートが重なることも多く、何度か恥ずかしい思いをしました。
いくら安くてもやはり自分の着たいデザインや質感のものを必要な枚数だけもっていたいというように考えるようになり、洋服の福袋は購入しなくなりました。

次に、家電製品もオープニングセールや年始のセールなどで福袋と称して販売されています。
それも何度か購入したことがありますが、「パソコンとデジカメとプリンター」の福袋を買った際に本当はプリンターは以前買ったものがまだ使えるので必要なかったのですが、パソコンとデジカメの価格の合計金額と福袋の金額が同じくらい、ということでこの福袋を購入しましたが、案の定プリンターは使うこともなくしまってあります。
果たして本当にお得だったのだろうか、とふとした瞬間に今でも疑問に思うときがあります。

そのほかにも貴金属や、スーツ、文房具など様々なジャンルの福袋を買いましたが、どれも後々になって福袋で買う必要はなかったな、と考えさせられるものばかりでした。

しかし「化粧品」は違います。
基礎化粧品は消耗品ですし、普段買っているメーカーのものが含まれていて、更にスペシャルケアとしてフェイスパックやトリートメントが含まれていて大変お得です。
洋服や家電に比べて価格的なお得感は少ないかもしれませんが、必要ないものは気軽に他の方に譲ることもできますし、多くあっても数年単位で保管できるものがほとんどです。

様々な福袋を買って最後にたどり着いた「化粧品」の福袋は、今後も毎年予約して購入すると思います。

会社に同級生が入社してきました

私は、住んでいる町から隣にある所の職場で働いています。
1人の方が私が働いている所に入社して来たのですが、年齢を聞いてみると同い年でした。
それだけでも親近感が湧いたのですが、さらに話を聞いていると、何と高校が同じだと言う事が分りました。
地元で働いている訳ではなかったので、まさか、高校の同級生と一緒に働く事になるとは思っていなくてとても、驚きました。

私は、まだ、独身で結婚をせずに実家暮らしをしているのですが、その同級生の子は、結婚をして、職場がある町に住んでいて、仕事を始めたそうです。
その同級生の子には、高校生になる子どもがいるということで、自分が結婚をしていたら、そんなにも大きな子どもがいることになるのだと、そこにもビックリしました。

その、職場が一緒の同級生と私は、暮らしは同じになった事が無かったので、名前を聞いても、顔を見ても全く思い出す事はできませんでした。
ですが、同級生の友達の名前を出してみると、お互いに共通の友達がいるようで、今度、その友達も一緒にご飯に行けたら良いねという話になりました。
まさか、同級生と仕事を一緒にする事になるとは思っても居なかったので、驚きましたが、嬉しい気持ちにもなりました。
家に帰って、アルバムを見てみると、その同級生の子が居たので、同じ高校で同級生でも、クラスが違うと全く覚えていない物だなと思いました。

仕事をする上でも、同級生という事で話しやすいので仕事もしやすいと思います。
同い年で、話もあうので、これから職場で会うのが楽しみになります。
一日だけでも、話がいろいろと盛り上がったので、これからも高校時代の話やらいろいろとしていきたいと思います。
また、共通の友達を交えての食事もできたら、またさらに楽しいなと思います。
なかなか、同級生の新しい友達というのはこの年になると、増える事は無いので、せっかくの出会いを大切にしていけたらいいなと思います。